比較的安く買える

金貨には収集することを目的としている収集型金貨と、投資目的に購入する地金型金貨があるのですが、収集型金貨は比較的値段も高い傾向にあります。それに対して地金型金貨の場合には、比較的安い金額で購入できる種類もあるのです。金にもいろいろな種類があるのですが、金貨が最も一般庶民には購入しやすい種類だと言えるでしょう。金額も1万円台から購入できます。

金貨そんな地金型金貨にも、いろいろなメリットやデメリットが存在しているのですが、やはり手数料がかからないのが主なメリットだと言えるでしょう。金地金を購入すると手数料がかかってしまうので、無駄なお金を支払いたくない人には金貨の投資が向いています。日本は税金大国なので、何をするにも税金を取られてしまうのが一般的です。しかも金貨を所有しただけでも税金がかかります

ただし、金貨に限っては5年間所有することで税金が減額されるというメリットがあるのです。メリットがあればデメリットもあるのですが、金貨は金の価値だけではなく、彫刻や見た目も価格に影響します。例えば珍しい彫刻の金貨を高値で購入したとしても、キズを付けてしまうと買取価格がかなり安くなるのです。中には元本割れしてしまうケースもあるので、このような点がデメリットでしょう。